日本教育支援協働学会会員規程



 (総則)

第1条 日本教育支援協働学会(以下「本会」という。)の会員に関する事項は,会則で定めるもののほか,この規程の定めるところによる。


 (権利)

第2条 会員は,本会が刊行する機関誌を受けるほか,本会の行う事業に参加する権利を有する。

2 会員は,機関誌等の定期刊行物を各一部無料で配布される。

3 新入会員は,原則として,年度の当初に遡って機関誌等を配布される。


 (義務)

第3条 会員は,登録した情報に変更が生じた場合に,速やかに本会事務局に届け出なければならない。


 (入会)

第4条 入会を希望する者は,所定の手続により入会を申し込み,理事会の承認を経て,会員として認められる。


 (会費)

第5条 会員は,年会費3,000円を納入しなければならない。


 (会費の免除)

第6条 次に掲げる者は,会費を免除する。

 (1) 顧問

 (2) 理事会の議決により会費の納入が免除された者


 (権利の停止,復活及び資格の喪失)

第7条 会費の滞納期間が2年度以上の会員に対し,理事会で,権利停止・資格喪失予定者として,以下の議決を行う。

 (1) 当該年度の3月末日までに会費未納の場合は,会員の権利を7月末日まで停止するものとする。

 (2) 当該年度の7月末日までに会費未納の場合,資格を喪失するものとする。

2 会費未納を理由として資格を喪失した元会員が会費未納開始年度から現年度までの全会費を納入した場合,理事会は,会費未納開始時点に遡って会員権の復活を認める。


 (退会)

第8条 退会を希望する者は,本会事務局に書面にてその旨を申し出る。

2 退会時に未納分の会費がある場合,本会事務局は退会希望者に未納分会費を請求することができる。


 (会員情報の保存)

第9条 会員が登録した情報は,本会事務局が保管する。


 (会員情報の利用)

第10条 会員が登録した情報の利用は,本会事務局長の承認を得て,機関誌等の発送の際に利用することができる。

2 その他委員会等で会員の情報を利用する場合は,理事会の承認を経て,会員の情報を利用することができる。


 (規程の改廃)

第11条 この規程の改廃は,総会の議決による。


   附 則

 この規程は,平成30年2月3日から施行する。