日本教育支援協働学会倫理綱領



 前文

 日本教育支援協働学会は,本学会の目的(会則第2条)「教育支援・教育協働の実践と研究を推進し,教育支援協働学の確立を図る」に則り,学術研究の信頼性及び公正性を確保するため,日本教育支援協働学会倫理綱領(以下,倫理綱領)を制定する。


Ⅰ 研究の基本

 本学会会員は,調査・研究にあたってすべての人の基本的人権と尊厳に対して敬意を払い,つねに客観性と公平性を維持し社会の信頼を損なわないよう努めなければならない。


Ⅱ 研究協力者に対する倫理的配慮

(1)研究参加の決定にあたっては研究協力者(以下,協力者)の意志を尊重し,過度の勧誘や強制があってはならない。

(2)協力者が自らの意志で研究への参加を拒否,あるいは中断できることを事前に説明する。

(3)協力者のプライバシーに関わる研究を行う場合は協力者の明確な同意を得る。協力者が同意の判断をできない場合は,保護する立場にある者(以下,保護者)の同意を得る必要がある。

(4)上記の同意を得る際には研究実施に関わる情報を開示し十分な説明を行う。ただし,事前開示が難しい研究においては,それが個人に何らかの不利益を与えないことを確認した上で研究を進めるが,事後に協力者ないし保護者に不利益を与えなかった旨を説明しなければならない。

(5)協力者に対して,身体的・心理的な苦痛や危険及び継続的な被害を与えない。研究進行中に協力者の心身を脅かしていることに研究者が気づいた場合には,研究を直ちに停止し,事態の改善をはかる。

(6)研究によって得られた協力者に関する情報は厳重に管理し,実施時に同意を得た目的以外に使用してはならない。


Ⅲ 研究・著作の公表

(1)研究・著作の公表に際しては,その社会的,人道的,政治的意義に十分配慮し,専門家としての責任を自覚して行う。

(2)個人のプライバシーを侵害してはならない。協力者の個人的な資料については厳重に保管し,秘密保護の責任をもつ。また,プライバシーに関わる個人的な資料について公表する必要がある場合には,協力者または保護者の同意を得る。

(3)研究のために用いた資料等については出典を明記する。

(4)共同研究においては,公表に際し共同研究者の権利と責任に配慮する。

(5)研究結果の公表に際しては,科学的根拠に基づき,学問的誠実性と倫理的忠実性を追究し,盗用・改ざん・捏造等の不正を行ってはならない。


Ⅳ 倫理の研鑽

 本倫理綱領をふまえて本学会会員は,研究倫理に関する国内外の関連法規を学び,研鑽する機会をもつよう努めること。


Ⅴ 倫理の遵守

(1)本学会会員は,研究活動において,本倫理綱領を十分に理解し,違反することのないよう,努めなければならない。

(2) 本倫理綱領に違反する案件が生じた場合は,理事会の議を以て適切な対応を行う。

(3)本学会は,本倫理綱領の徹底に努めるとともに,研究倫理の具体的内容の明確化に向けて,継続的に努力する。


 なお,本倫理綱領は,総会の議決を以て,改正することができる。


   附 則

 本倫理綱領は,2020年8月22日より施行する。