投稿規程

1.

『日本教育支援協働学研究』(以下本誌と称す)への投稿は、日本教育支援協働学会(以下本会と称す)の会員とする。

2.

本誌への投稿は、原則として日本語によるものとし、未発表のものに限る。ただし、口頭で発表しこれを初めて論文等にまとめたものは未発表とみなす。他学会等との二重投稿は認めない。

3.

投稿原稿1篇の文字数(図、絵、表などを含む)は、以下のとおりとする。

 Ⅰ―学術研究論文は、400字詰原稿用紙換算で50枚(20,000字)以内。

 Ⅱ―実践報告・研究ノートは、400字詰原稿用紙換算で30枚(12,000字)以内。

 Ⅲ―現場からの声(実態レポート・要支援課題提起、等)は、400字詰原稿用紙換算で6枚(2,400字)以内。

 ただし、提出の際のレイアウトは、すべてA4・横書き(40字✕36行)を標準とする。

4.

投稿原稿本文中に、図、絵、表などを含む場合には、相応の文字数分として勘案し、全体で前項の規定文字数内に収めるものとする。

5.

投稿にあたっては、本会ホームページ(以下、本会HPと称す)より投稿票をダウンロードした上で必要事項を記入し、原稿と同時に提出する。また、Ⅰ―学術研究論文については、さらに(1)英文300語程度の 「論文要旨」及び(2)その和文訳を、原稿と同時に提出する。

6.

Ⅰ―学術研究論文及びⅡ―実践報告・研究ノートについては、査読を希望する部門があれば、投稿票に明示する。

7.

原稿は、原則としてWordで作成し、本会HPにて指示された所定の応募先にEメール添付ファイルとして提出する。また、原稿内に、図、絵、表などの画像データを含む場合には、投稿原稿本文とは別ファイルとして添付する。

8.

投稿は、本会事務局からの投稿受理メールをもって完了とする。

2018年8月28日

日本教育支援協働学会論文編集委員会