日本教育支援協働学会役員等に関する規程



 (総則)

第1条 日本教育支援協働学会(以下「本学会」という。)の役員等に関する事項は,会則に定めるもののほか,この規程の定めるところによる。


 (役員等の選出)

第2条 役員等の選出手続を次のとおり定める。

(1)会長・副会長は,理事の互選により,総会において決定する。

(2)理事は,別に定める規定によって会員が選挙し14名を選出する。

(3)会長は会員の中から理事を4名まで推薦することができ,前号により選出された理事の承認を経て決定する。

(4)監事は,総会において会長が推薦し,会員の承認を経て決定する。

(5)顧問は,総会において会長が推薦し,会員の承認を経て決定する。


 (役員等の任務)

第3条 役員の任務は次のとおりとする。

(1)会長は,本会を代表し,会務を統括する。

(2)副会長は,会長を補佐し,会長に事故あるときは,会長の職務を代行する。

(3)理事は,会長及び副会長を補佐し,理事会の議決に基づいて会務を処理するとともに,各種委員会の委員長を兼ねる。

(4)監事は,本会の会務を監査する。

(5)顧問は,本会の運営について助言する。


 (役員等の任期)

第4条 役員等の任期は2年とし,再任を妨げない。ただし,会長の任期は2期までとし,会長を除く役員は,会長の任期を超えることはできない。

2 役員に欠員が生じた場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。


 (規程の改廃)

第5条 この規程の改廃は,総会の議決による。


   附 則

1 この規程は,平成30年2月3日から施行する。

2 この規程施行後最初に選出される理事は,第2条第2号の規定にかかわらず,総会において選出する。

3 この規程施行後最初に選出される役員等の任期は,第4条の規定にかかわらず,2021年3月31日までとする。

4 この規程の一部改正は,2020年8月22日より施行する。